生理との関係について

| 未分類 |

体重を落とすダイエットには、痩せやすい時期と痩せにくい時期があります。
むやみに様々なハードな運動をしたからといって、タイミングを間違えると思うように結果が出ず、途中でダイエットを放棄してしまう可能性もあります。
特にダイエットの痩せやすい時期と生理周期には大変深い関係があります。
上手にダイエットをするのには、ちょっとしたコツがありますのでご紹介します。
女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類に分けられます。
このエストロゲンは排卵に関わるホルモンで、増加すると代謝も上がり爪や毛髪、肌などの潤い効果や集中力も上がるので、ダイエットにはおすすめの時期です。
月経終了時期から排卵前までの約2週間が最もエストロゲンが多く分泌されるので、この時期を狙ってダイエットを行いましょう。
逆にプロゲステロンが増加すると、水分代謝が悪くなりむくみやすく、肌荒れや便秘などの症状や、気分的に落ち込みやすくイライラやヒステリーなどをおこしやすい時期です。
排卵後から次の月経までの約2週間がプロゲステロンの分泌と共に痩せにくい時期なので、この期間は無理はしないようにしましょう。
月経中も体重は落ちにくく腹痛や頭痛、気分も憂鬱になりやすいので、不足している鉄分を補ったり、ゆったりした気持ちで次の痩せやすい時期を待ちましょう。
この痩せやすい月経後にウォーキングやジョギング、さらに代謝アップに繋がる筋肉量を増やす腹筋やスクワットなどを上手に取り入れ効率よくダイエットしましょう。